開業する人の必須ツール【開業自慢への道】

Technology

各会社によって

決済手数料は交渉次第で安くできます

お店の運営者にとって、クレジットカードの決済手数料は店舗経営を行う上で大きな負担となります。一昔前まで日本ではクレジットカードを保有している人の数は少なく、また保有している人も使用する機会は高額商品の購入時など限られていたため、店舗経営者はクレジットカードによる決済システムを導入していなくても何ら問題になりませんでした。しかし近年クレジットカードによる決済は急速に普及し、現金でしか決済できない店舗は顧客から敬遠されるようになり、店舗側は導入を余儀なくされています。但し、カードの決済手数料は利用代金の3パーセント程度が相場と言われていますが、この水準はあくまで目安であり、カード会社との交渉によって引き下げる事は可能です。特に利用頻度が多い場合などは、店舗側に交渉力があるので交渉してみると良いでしょう。

クレジットカード決済サービスの最近のトレンド

クレジットカードによる決済システムは、近年大幅に見直されています。その見直しの柱は2つあり、一つは決済手数料の引下げであり、もう一つは決済スピードの高速化です。決済手数料の引下げの動きが見られる背景には、クレジットカード会社間の競争激化があります。これまで大手カード会社の寡占状態であった市場に多くの新規業者が参入してきたため、業者間の顧客獲得競争が激化し、結果として決済手数料の引下げを余儀なくされているのです。二つ目の決済スピードの高速化が図られてる背景には、電子マネーの普及が挙げられます。電子マネーを利用した決済はクレジットカードを利用するよりも手続きが早く終わるため、一般消費者のクレジットカード離れが進んでいるのです。カード会社各社はこうした顧客離れに歯止めをかけようと、決済スピードの高速化に努めているのです。